カンボジア、シアヌークビルの悲劇の後、建設中の建物内の居住を禁止(7/6)

カンボジア、シアヌークビルの悲劇の後、建設中の建物内の居住を禁止

国土整備大臣のChea Sophara氏は、危険なリスクを避けるため、建設作業員が一時的な生活スペースとして建設現場を使用することを禁止しました。

木曜日の夜、建設会社、および労働者の代表との会談中、Sophara氏は、建設会社および請負業者は労働者が仕事現場以外で眠るために必要な場所を手配しなければならないと述べました。

「工事中の建物には、労働者のための生活スペースはありません。これはもう起こり得ないでしょう」と彼は言いました。「建設中の建物の中に住むことは誰にも許可されていません。」

 

Sophara氏はまた、建設会社、請負業者に、建設、技術標準、職業倫理に関する規制を遵守するように促しました。

彼はまた地方自治体が厳密に建設プロジェクトに関連する法律や規制を実行し、すべての違法な建設プロジェクトが進行するのを防ぐために必要な措置を取る必要があると言いました。

 

Sophara氏の発言は6月22日にシアヌービルでの建物の崩壊をきっかけに始まりました。この崩壊で28人が死亡、26人が負傷した。まだ建設中の7階建ての建物は、一部の階で眠っているカンボジアの労働者たちを襲いました。

 

※出典:Khmer Times