カントー市からベトナム系カンボジア人へ物資の寄贈

メコンデルタのカントー市は、カンボジアでCOVID-19感染拡大の影響を受けているベトナム系の人々に支援物資を贈った。

カンボジアのシアヌークビル州のベトナム総領事館、プノンペンのベトナム大使館、およびカンボジアのクメール・ベトナム協会は、8月29日にベトナム南部アンザン州のティンビエン国境ゲートで物資を受け取った。

この際、領事館はカンボジアのベトナム人による寄付も受け取った。10トンの米、3,000枚以上のマスク、および3,000本の手指消毒剤が、ベトナム系の400世帯とカンボジアの100世帯に届けられる予定だ。

領事館は、タケオ、ケップ、カンポット州のクメール・ベトナム協会に約3トンの米を贈呈した。残りは、シアヌークビル、コンポンスプー、ココンの各州に到着する予定である。

(各ニュースサイトを参考に編集・作成しています。)