カンダル市場の修復計画(7/8)

カンダル市場の修復計画

プノンペン市役所は崩壊の危険にさらされているDaun Penh地区の築30年のKandal市場を修復することを計画しています。

 

土曜日のSok Penhvuth地区の議会は、計画について話し合い、ベンダーからのフィードバックを得るために職員と市場を訪問しました。

 

議員は「売り手に市場が非常に古く、ビルが激しい嵐や他の災害が生じた時に崩壊し、死亡を引き起こすのではないかと心配しています。」と言いました。

 

「市庁舎は、1990年代に建設されて以来、カンダル市場の構造を修復・強化したいと考えています。」と彼は述べました。「私達は修理が行われている間、あなたがしばらくの間取引をやめても構わないと思っているかどうか知りたいのです。」

 

議員たちは売店からのフィードバックをPhnom Penh知事のKhuong Sreng氏に報告すると付け加え、市場の人々が修理の費用を負担する必要はないだろうと懸念した所有者に語りました。

 

Penhvuth氏はまた、Sreng氏に通知し、修理が行われている間は他の場所で取引を実行することを許可されるようベンダーからの要求を伝えることを述べました。

 

「私はあなたがあなたの家族を支えるために他の場所で一時的に仕事をするかどうかあなたの懸念について知事に知らせます。」と彼は言いました。

 

Penhvuth氏は、Sreng氏に報告した後、市役所は一時的に事業を遂行するための場所を見つけるなど、問題を議論するための会議を開き、ベンダーにその決定を知らせるために別の会議に招待すると付け加えました。

 

ベンダーは修理計画に異議を唱えることができますが、事故が発生した場合には彼らは責任を負うことになることを彼は述べました。

豚肉販売者のSrey Pov氏は、その計画に反対していないが、彼女の家族を養うために一時的に売買をしたいと述べました。

 

「市場が修復されている間に当局が私と他のベンダーが売るための場所を用意してくれるといいでしょう。」と彼女は言いました。「私は毎日豚肉を顧客に供給する必要があります。」

 

※出典:Khmer Times