オンライン上の行動を取り締まる計画(5/11)

文化芸術省は、扇情的または人種差別的で、文化や国家の伝統に害を及ぼす性的内容の画像、音声、ビデオを放送した場合、禁止されているため罰せられることになるとソーシャルメディアユーザーに対して警告しています。

日曜日に得られた省の指令によると–省はそれが特定のウェブサイトやソーシャルネットワークサイトのユーザー、特にオンラインビジネス、ミュージシャン、作家、放送画像、テキストメッセージ、オーディオクリップなどの不道徳で非倫理的で、文化、伝統、アイデンティティ、名声に深刻な影響を与える動画だと主張しています。

影響を最小限に抑え、カンボジア市民であることの尊厳と価値を維持するため、同省は、個人またはグループが上記の活動のいずれかに引き続き従事する場合、内務省と協力することになると述べました。

さらに、ウェブサイトやソーシャルネットワークのユーザーが犯した犯罪に応じて、刑法および人身売買の抑制および性的搾取に関する法律に基づいて裁判所に訴状が提出されます。

省の代表者であるLong Ponnasirivath氏は日曜日、同省の当局者が手続きに取り組んでいると述べました。

彼は、最初のステップは文化と伝統を不当にまたは傷つけた人々を教育することであると言いました。次のステップは、質問のために個人を呼び、省が不適切と考えるすべての活動を停止するための合意に署名することです。

彼は、最後のステップとして、同省は情報省、郵政省と協力して、すべての画像またはビデオの削除を要求すると述べました。

「これまで私たちは行政的措置をとっていました。ソーシャルメディアでの異常な行動について、さらなる教育のために省に人々を招待しましたが、私は何人か覚えていません。」とPonnasirivathは言いました。

クメール作家協会の副会長であるLek Chumnor氏は日曜日にこの件についてコメントすることを避けました。

(出典:The Phnom Phen Post)