インドネシアの会社がカンボジアの鉄道に投資を奨励(9/25)

インドネシアの会社がカンボジアの鉄道に投資を奨励

先週、運輸大臣Sun Chanthol氏は、国営のインドネシアの鉄道製造会社であるPT Industri Kereta Api Indonesia(Inka)にカンボジアの鉄道への投資を依頼しました。

 

公共事業省のFacebookページへの投稿によると、Chanthol大臣は9月19日から21日までのインドネシアへの公式訪問中に、Inkaの代表者がカンボジアを訪問し、地方自治体や王立鉄道とカンボジアの鉄道システムへの投資について話し合うよう要請しました。

 

省によると、Inkaは、鉄道の開発を地元の役人と議論するために役人のチームを送ることに同意しました。

 

カンボジアは、鉄道網の拡大と効率化に取り組んでいます。この国には、プノンペンからシアヌークビル、プノンペンからBanteay Meanchey州のポイペトまでの2本の鉄道しかありません。

 

カンボジアの鉄道ネットワークは、その子会社であるRoyal Railwaysを通じてRoyal Groupによって管理されています。

 

4月、カンボジア政府は、中国鉄道建設公社に地元の鉄道システムを改善するための支援を求めました。

公共事業省のスポークスマンであるKong Vimean氏によると、CRCCはすでにカンボジアの鉄道システムの刷新に関する研究を完了しています。

 

「中国企業は調査を完了したが、まだ報告書を受け取っていない」と彼は言いました。

※出典:Khmer Times