インダストリー4.0下で必要とされる技術的リーダー

カンボジアでは、国が今後数十年で上位中所得国または高所得国を目指しており、高技能労働者の需要が高まっている。この目標を実現するために、経済と生産性の成長を促進し、インダストリー4.0の環境中で、国を前進させるために効果的な政府組システムを支援する上で重要な役割を果たすことができる、より多くの技術官僚のリーダーを必要としている。

技術官僚政治は反民主主義であると批判されてきたが、技術官僚は「知識の面と、党利よりも国益を優先するという面、両方の面で世評を得ることができる」と、LSE(※1)の Kevin Featherstone教授は主張した。

技術家主義とは、科学や技術の専門家によって運営または形成される社会あるいは政府のことである。最も純粋な形で社会に影響を与える重要な問題に対処するための基盤として、専門家の知識に頼る統治組織である。

※1 London School of Economic

(各ニュースサイトを参考に編集・作成しています。)