【大使館からのお知らせ】デング熱の注意

雨季に入りましたので,デング熱に注意してください。

1 .デング熱は、蚊に刺されることによってかかる病気で、突然の高熱と共に頭痛や筋肉痛、発疹の症状が見られます。特別な治療法はなく、多くの場合は症状に応じた対症療法により1週間程度で治りますが、まれに重症化して、出血症状やショック症状を呈し、命にかかわる恐れがあります。

 

2. カンボジアを含む東南アジアでは都市部・農村部ともに、毎年流行がみられます。カンボジアでは、通常、 5〜10月の雨季に蚊の発生が増加し、それに伴いデング熱の患者数が増える傾向にあります。

3 .在留邦人などの皆様におかれましては、以下にご留意され、デング熱にご注意くださいますようお願いいたします。

● 安全かつ効果が期待できる予防接種はまだなく、唯一の予防策は蚊に刺されないことです。屋外では虫除け剤を使用し、長ズボンをはくなど肌の露出を少なくしてください。

● 屋内では網戸で蚊の侵入を防いだり、殺虫剤で蚊を駆除してください。

● 蚊に刺されてから症状が出るまでの潜伏期間は、2〜14日(多くは3〜7日)です。高熱とともに、頭痛や全身痛などの症状が出た場合は、早めに医師の診察を受けるようにしてください。

(日本国大使館)