【コロナウイルス関連情報】(5/4)

カンボジアでは、低いCovid-19感染数を維持し続けており、合計122人の患者のうち2人だけが入院中であり、過去3週間に新しい症例は報告されていません。

保健省は、テストのために、合計12,304人(100万人のうち757人に相当)からサンプルを採取したと述べました。

イギリスからのカンボジアの奨学生は、カンボジアへの飛行中に韓国を通過する際に陽性反応が出ました。マリ(Mali)では、ミッション中にウイルスに感染した3人のカンボジアブルーヘルメットの方々が回復しました。

カンボジアに戻ってから、最後の2人の患者は「健康」ですが、陽性と陰性を数十回テストした後、コンポンチュナン(Kampong Chhnang)とバンテアイ・マンチェイ(Banteay Meanchey)の州立病院で健康モニタリングを受け続けています。

コンポンチュナン州(Kampong Chhnang)保健局長のPrak Vun氏は日曜日にポストに、コロナウイルスに感染した男が宗教的な集まりのためにマレーシアを訪れたと語りました。

男の最後の検査結果は陰性であったが、彼は退院する前に日曜日にもう一度検査を受けることになっていると彼は言います。

「彼の健康状態は現在正常で、ウイルスが残っているにもかかわらず深刻な症状はありません。彼は約48日間病院に滞在し、12回検査を受けましたが、最後の検査は陰性でした。彼が今日[日曜日]、再び陰性となった場合、それは彼が回復したことを意味する」と彼は言いました。

バンテアイ・マンチェイ州(Banteay Meanchey)の保健局長、Keo Sopheaktra氏は、3月29日にウイルスに最初に感染した後、ポイペト郊外のカラオケパーラーで働いていた36歳の患者が11回検査を行い、2回陰性と判明したと語りました。

「彼女の健康状態は元気です。彼女は通常どおり食事と睡眠をとりますが、Covid-19は完全にクリアされていません。私たちは結核、エイズ、糖尿病などの多くの検査を実施しましたが、そのような病気は見つかりませんでした。」と彼は言いました。

Sopheaktra は、彼女の習慣と精神的健康状態は部分的な回復の遅れのせいだと語っています。「彼女は十分な睡眠をとらず、話しすぎたため、精神的健康には良くありません。COVID-19は彼女の体に残っている。」と彼は言いました。

マリ(Mali)では、カンボジアの平和維持要員3人が先週ウイルスに感染した後、回復した。カンボジア平和維持軍センターの代表者、Kosal Malida氏は、彼らはCovid-19が除去される前に公式のテストを受けると語りました。

「彼らは現在症状がありません。つまり、回復しました。しかし、国連の保健当局は彼らに医薬品を与え続け、新しい検査が彼らがもはやウイルスを持っていないことを完全に証明するまでそれらを検疫に保持します。」

3人の中で、以前のように彼は高温またはインフルエンザにはかかっていないが、まだ少し咳をしていると彼女は言います。

Malidaは、警官と接触していた人々が疑わしい徴候を示していなかったと言いました。

現在、海外に配置されているカンボジアのブルーヘルメットは249個です。

Seoul Long Dimancheのカンボジア大使によると、韓国で乗り換えをしようとした、カンボジアの奨学生の、健康状態は良好です。

Dimancheは日曜日にThe Postに、その生徒は英国より高い高等教育を追求し、公共交通機関を使用したと語りました。大学がCovid-19のパンデミックの中で一時的に閉鎖されたため、彼女はカンボジアに戻りました。

彼はロンドンのカンボジア大使館が彼女と接触していた人々を追跡していると言いました。

(出典:The Phnom Penh Post)