【コロナウイルス関連】授業料引き上げに対する抗議

月曜日の約50人の親が再びオンライン授業の割引を要求するためにパラゴンインターナショナルスクールの前で抗議しました。Covid-19危機の間に私立学校は授業料を引き上げたと主張しました。

彼らは180以上の家族が署名した著名請願書を提出しました。

2人の生徒の親であるKeng Narunは、学校に4つの条件の同意を要求していると言いました。同じ授業料を維持し、8%の値上げを廃止し、4月末までに終了するように設定されている登録期間を延長し、 Covid-19流行中のオンライン学習に対して30%割引、および教育の質の向上です。

「私たちはCovid-19危機と経済危機に直面していますが、学校経営者は授業料を引き上げています。両親は不満を持っているので、学校が同じ料金を維持することを彼らが要求するのはそのためです。」と彼は言いました。

学校は経済的な問題に直面している親に割引を申請し、学校側に確認するための裏付けとなる書類を添付するように求めました。

警備員が施設への立ち入りを禁止したため、新聞社は月曜日にコメントを求めて学校に到達できませんでした。

しかし、学校の名誉会長であるEang Sophalleth氏は、その発表の中で、両親が経済的に苦しんでいる生徒のコストを削減すると明言していることを電話で新聞社に伝えました。

「[問題を解決するために学校に来てください。問題はありません。彼らが助けを必要とするならば、我々は助けます」と彼は言いました。

カンボジアの高等教育協会(CHEA)は最近、保護者に学校で割引を申請し、Covid-19の汚染を避けるために敷地内で抗議しないように呼びかけました。

同時に、CHEAによると、民間機関もスタッフの給与、建物の費用、銀行ローンやその他の費用の利子に苦しんでおり、学生数の減少による収益の低下を目撃しています。

学校で5年生、7年生、8年生の3人の子供がいるLy Sovathは、生徒が自宅からオンラインで学習するための要件として、親が子供と過ごす時間を増やす必要があることを確認しました。これは、外出してお金を稼ぐ時間に影響します。

「私たちにとって、仕事のある人々はCovid-19の発生に苦しんでおり、家で勉強しなければならない子供たちの世話をする必要があるので、仕事に出かける時間はありません。

「オンラインで学ぶとき、私たちはそばで子供たちを見守る必要があります。学校が要求を受け入れない場合、私たちは学校側が受け入れてくれるように変えるよう決定するだけです」と彼は言いました。

2020年から2021年のパラゴン校の授業料は、初歩を学ぶだけの子供向けの国際プログラムは約3,000ドルであり、7年生から9年生までは8,950ドル、10年生から12年生までは9,420ドルです。

(出典:The Phnom Penh Post)