【コロナウイルス関連】国連が資金調達に賛同(5/2)

国連は、インフォーマル経済の労働者やCovid-19のパンデミックの最中に戻ってきた移民労働者など、最も脆弱なグループを含む社会保護計画を拡大することへの支持を表明しています。

カンボジア国連常駐コーディネーターのPauline Tamesis 氏は、保健省のMam Bun Heng 大臣が率いる省庁間の対策部門と国連の傘下にある20以上のパートナー組織との会合の中でこれを述べました。

Tamesis 氏は、パンデミックはすでに危険にさらされている人々、すなわち女性、子供、若者、高齢者、低所得労働者、インフォーマル経済の人々、そして障害や基礎疾患を持つ人々に、より深刻な影響を与えると述べました。

「私は、政府が社会保護支出の大幅な拡大を特徴とするかなりの財政刺激策を進めることを賞賛します。」

「国連は、非公式部門の労働者や帰国移民など、他の脆弱なグループを保護するために、この議題通してに政府と緊密に協力することを楽しみにしています。」と彼女は言いました。

COVID-19に襲われた他の国々の健康と社会の保護対策で、病気を封じ込め、最も影響を受けた人々に所得保障を提供するだけでなく、経済が現在および将来の危機を乗り切ることができることを保証するためにも不可欠であることが証明されたと彼女は語りました。

Tamesis 氏は、財政措置は長期開発のためのシステム変革への投資として設計され、政府がCovid-19によって提起された課題に効果的に対処するのを助ける緊急対応としてだと述べました。

コロナウイルスが地域社会に広がった兆候はないが、これは急速に変化する可能性があると彼女は語りました。彼女は、コミュニティ全体に広がることは可能が0ではないと警告し、可能な限り最悪のシナリオに備え、それに応じてCovid-19への対応を調整するようカンボジアに求めました。

その一方で、政府はパンデミックを終わらせ、健康と社会経済へのCovid-19の影響を最小限に抑えるための対策を講じる必要があると述べました。

「すべてが良くなることを願っています。しかし、深刻な事態に備える必要があります。さらに、社会経済への影響、具体的には失業率と貧困の増加は、カンボジアの所得分配によって悪化する可能性が高く、多数の人々が貧困層との境で暮らしています。

「この状況は、進化と成長を始めたばかりのカンボジアの初期の社会保護システムによって、さらに困難になっています。」と彼女は言いました。

会議中、ブンヘン氏はまた、米国がカンボジアに緊密に協力し、Covid-19の状況を防止、停止、対応し、パンデミックの影響を緩和したことを称賛しました。

「カンボジアでのCovid-19の状況はいくらか落ち着いたとしても、政府はパンデミックを封じ込めるために最も厳密かつ厳密に対策を実行し続けています。」と彼は言いました。

Covid-19の影響を緩和するために、彼は政府が保健省の緊急救援基金に3000万ドルを提供したと彼は言いました。政府はまた、経済を復活させるために8億ドルから20億ドルを準備しました。

(出典:The Phnom Penh Post)