【コラム】カンボジア人と歌文化(カラオケ編)

前回に引き続き、歌文化について、です。
カンボジア人と仲良くなると、カラオケ(KTV)に誘われます。
こちらでKTVと呼ばれる店舗は、日本で言うなら
カラオケとキャバクラが合体した様な施設です。

カラオケ設備があり、当時にホステスさんがいます。
入室するとゾロゾロとホステス女性陣が入って来て、
「隣に座らせる子を選べ」と言われます。
お店によっては10人以上が部屋に押しかけてきます。ちょっとビビります。
一応、選ばない(要らない)という選択肢もありますが、
ホステスさん達はそれが仕事なので、嫌な顔をされる事もあります。

お酒を注文してKTV遊びがスタートするわけですが
ここで問題になってくるのが、そのお店のカラオケ機器の新しさ、です
と言いますのも、古い機器だと外国の歌がほとんど入っていなく、
洋楽はカーペンターズやビートルズ縛り、
日本の歌は森進一や中島みゆき縛り、という場合があります。
また歌を入力する際に分厚い本を渡してくる店もありますが
(あの本ってなんて呼べばいいんでしょうね?)
中国で使用されていたのか、日本の歌なのに全部中国語表記されており、
歌いたい歌を探すのに中国語の知識を要求される場合があります。
(これらは主に、ローカルのちょっと古い店での話です。)

漢字(簡体字)を見て歌手を解読するのも大変なので、
カンボジア人が延々とノリノリでクメール音楽を熱唱するのを
聞き取れないまま聞く羽目になったりします。
隣に座らせたホステスさんと会話しようにも、まず大音量が邪魔で
ろくに会話が聞こえない上に英語も喋れなかったりします。
それを楽しむ遊び、という側面もありますが、
上でも述べた通り、よっぽどローカルの、ちょっと古い店に行かなければ
最近では新しい機器を使っている店も多いので、
日本の平成のヒット曲ぐらいなら見つかるとの事です。
とは言え、我々が歌う日本の歌を彼らカンボジア人は知らず、
彼らが歌うカンボジアの歌を我々は知らず、という事になりがちなので、
結局双方の知ってる歌を探っていった結果、洋楽を歌う羽目になったりします
セリーヌ・ディオンのタイタニックの歌などは、カンボジア人も大好きです。

カンボジア人は、KTVに一緒に行ってビールを飲み、
一緒に歌って仲良くなるというのが好きな様ですので、
多少、楽しむために抑えておくポイントはあるものの、
時にはKTVに誘い合って遊びに行くのも、良い交流になるかと思います。
ホステスさんにはお会計時にチップを渡します。
同時に部屋であれこれ給仕してくれる女性にもチップを渡すのが一般的です。
値段はお店によって様々です。
最近、市内のKTVでは英語を話せるホステスさんも増え、
日本人も遊びやすくなってきた、と聞きます。
機会があればチャレンジしてみてはいかがでしょうか。