【カンボジア】これまで以上に人気が伸びる水祭り(10/17)

【カンボジア】これまで以上に人気が伸びる水祭り

 

Sam Rainsy氏がカンボジアに戻る予定を前に、安全保障上の懸念が高まったにもかかわらず、全国および国際フェスティバルを組織するための全国委員会は昨日、来たる独立記念日と水祭りがこれまで以上に人気があると述べました。

 

現在亡命中のRainsy氏は、民主主義と人権を回復するために11月9日の独立記念日に戻ると述べました。

 

彼は市民を動員し、「9本の指」キャンペーンに参加するよう呼びかけました。この動きはカンボジア政府によってクーデター計画と見なされており、当局はRainsy氏の支持者を厳しく取り締まっています。

 

フン・セン首相は以前、Rainsy氏の帰還によってもたらされる安全保障上の脅威に関係なく、水祭りが祝われることを市民に保証しました。

 

NCONIFのBun Veasna事務局長は昨日、彼の組織は今年水祭りの期間中により多くの人々の参加を期待していると語りました。

 

「今年は、レーシングボートの数も増えたため、より多くの人が参加することを期待しています。訪問者が増えるでしょう」と彼は言いました。

 

Veasna氏は既に、300隻の以上のレースボートが登録されていることを述べ、彼らは11月10日に王宮の前でレースをします。

「金曜日に王宮で開催された委員会に出席しましたが、これまでに約310隻の船が登録され、その数は増えると予想されています。」と彼は言いました。

昨年は295隻がレースに出場しました。

 

「今年のお祝いの準備は昨年とそれほど変わりません。最長のボートの参加はありませんが、今年はより多くのボートがレースに参加します」と彼は言いました。

 

「水祭りを祝う決定は、カンボジア中の役人との会合の中で決定されました。」

 

治安に関しては、Veasna氏は今年より多くの軍隊のメンバーが出席すると述べましたが、金額は明らかにしませんでした。

 

「何人のセキュリティ担当者が配置されるかはわかりませんが、その量は昨年よりも多くなることは明らかです。人々は心配せず、彼らはボートレースを見るために訪問するだろう」と彼は言いました。

 

NCONIFによると、295隻のボートが昨年19,219人のこぎ手で運ばれ、約450万人の訪問者が首都に降り立ち、水祭りを観察しました。

 

プノンペンのKhuong Sreng知事と首都の14地区の職員は月曜日に水祭りと独立記念日の間に安全保障上の懸念に対処するために会議を開催しました。

 

情報省によると、Sreng氏は当局に対し、11月9日から12日にセキュリティが強化され、公の秩序が確保されると語りました。

 

情報省によるとSreng氏は「これらのセキュリティ対策は、危険にさらされる多くの人々がいるので、犯罪、挑発、および事故を処理するために組織されましたと語りました」と言いました。

 

月曜日、Tea Banh 国防長官は、カンボジア王立軍にRainsy 氏のクーデターの疑いを防ぐよう命令しました。

 

Banh将軍は、クーデターはRainsy氏に率いられ、外国人に支援されてカンボジアを不安定にすると述べ、「私たちはすでに彼らが赤い線を越えると決めました。その試みはSam Rainsy氏と彼の人々によって導かれています。私たちはそれらの人々に法律を施行しなければなりません」と彼は言いました。「クーデターを防ぎ、私たちが戦った混沌と[妥協]安全と平和をもたらすことを目的とする活動を取り締まる以外に選択肢はありません。」と語りました。

※出典:Khmer Times